本日 29 人 - 昨日 26 人 - 累計 63494 人

Noshiro Sports Art Exhibition

  1. HOME >
  2. 展覧会情報/Exhibition >
  3. Noshiro Sports Art Exhibition
ポスター2

English follows Japanese

能代バスケロードフェスティバル


主催:NBLM(能代バスケットボール LIBRARY&MUSEUM)準備会
共催:能代バスケミュージアム
後援:能代市
日時:2015年3月21日(土)~22日(日)
場所:秋田県能代市内 バスケロード、旧料亭金勇、能代バスケミュージアム
内容: 
 ・スポーツアート展(旧料亭金勇)
 ・バスケの街ショートムービーコンテスト
 ・バスケ書道展(旧料亭金勇)
 ・バスケ川柳展(バスケロード)
 ・バスケミュージアム拡大展示(能代バスケミュージアム)

スポーツアート展


≪概要≫
バスケの街、秋田県・能代市で行われる「能代バスケロードフェスティバル」に、協力させて頂けることになりました!!
国登録有形文化財である、築約80年の歴史ある旧料亭「金勇」の和室にて、バスケや野球、テニスなど、スポーツを描いた作品を40点ほど展示する「スポーツ・アート展」を行います!

「能代バスケロードフェスティバル」では、バスケミュージアム、旧料亭「金勇」、その二つをつなぐバスケロード(仮称)、それぞれの場所で、バスケ文化を楽しむ催し物が開催されます。大都市ではない街で、これ程スポーツ文化の土壌がある街は、日本ではそう多くありません。場所は寒くても、人の優しさが本当に温かくて大好きな街で、この様な形で街作りに協力できることがとっても嬉しいです。
秋田杉で出来た立派な和室と、スポーツ・アートのコラボはどんな感じになるのか、、、展示が出来上がるのがわくわくします!

≪日時≫
2015年3月21日(土)~27日(金)

≪場所≫
旧料亭金勇 http://www.kaneyu.jp/
住所:秋田県能代市柳町13-8

金勇1 満月の間

≪出展作家≫
岡田 航也
小堀 貴史
早乙女 道春
多賀 泰孝
辰村 俊治
為井 英貴
★にしもと おさむ(初参加!)
根本 孝
松田 光司
丸口 洋平
矢作 信雄
★渡辺 博之(初参加!)
(五十音順)

≪個人蔵≫
雨本 洋輔

≪企画≫
工藤 菜央

展示報告


 元バスケットボール解説者の島本和彦さん、および島本さんが運営に携わっている「能代バスケミュージアム」準備委員会の石井一生さんにお誘い頂き、3月21日(土)~27日(金)にかけて、秋田県能代市にて展覧会を行いました。
 バスケの街づくりのために開催された「能代バスケロードフェスティバル」の一環として、畳42帖の大きな和室で、野球、バスケット、サッカー、ゴルフ等様々なスポーツを題材にした34点の作品を展示しました。さすがは国登録有形文化財の建物で、一枚板の天井は迫力があり、作品に風格をもたらしていました。
 来場者数は多くはありませんでしたが、料亭がバスケロードフェスティバルで行われていたクイズラリーのクイズ設置場所であったため、子供が作品を見てくれたり、地元の新聞社やNHK秋田さんが取り上げて下さったこと、また、能代で能代のために働く20-30代の人達と出会い、彼らが展示に刺激を受け、新しい可能性を見たと言ってくれた事は、「街作りに協力したい」という今回の展示の目的を、少しは果たしたと言えるのではないかと思います。

※下記二点を、能代バスケミュージアムに寄贈しました。
1.≪クリス・ポール≫ 岡田 航也
2.≪バスケット≫ 丸口 洋平

新聞
北羽新報 様

展示の様子

image 

image2

写真 1
(中央)≪M. Jordan2≫ 渡辺 博之
(右)≪バスケットボール≫ 矢作 信雄

写真 2
(右から)
≪The BASKETBALL≫ 辰村 俊治
≪The GOLF≫ 辰村 俊治
≪The KEIRIN≫ 辰村 俊治

写真 3
(右から)
≪Tiger Woods≫ 為井 英貴
≪Ryo Isikawa≫ 為井 英貴
≪Cristiano Ronaldo/Manchester United≫ 為井 英貴
≪Roger Federer≫ 為井 英貴
≪ICHIRO/Mariners.1≫ 為井 英貴

写真 4
(右から)
≪赤星≫ 藤原 ヒロユキ
≪バスケット≫ 丸口 洋平
≪ブルペン≫ 丸口 洋平
≪デッドボールダンス≫ 雨本 洋輔
≪デッドボールダンス≫ 雨本 洋輔

写真 1 (2)
(右から)
≪スノーボード≫ 矢作 信雄
≪ネコイチロー≫ にしもと おさむ

写真 2 (2)
≪野球小僧レリーフ≫ 松田 光司

写真 4 (3)
(左から)
≪正眼の構え 多賀 泰孝
≪20世紀プロ野球レジェンズ 文藝春秋 ナンバープラス1999年野球号
20世紀12球団ベストナイン 1999≫ 岡田 航也

写真 3 (3)
(左から)
≪松井秀喜 文藝春秋 完全保存版ナンバープラス 松井秀喜1993-2012 2013≫ 岡田 航也
≪田中将大 扶桑社『週刊SPA!』 2014年2月11-18日合併号」≫ 岡田 航也
≪クリス・ポール 日本文化出版『月刊HOOP』2008年7月号≫ 岡田 航也

写真 2 (3)
(左から)
≪ライオンのメキシカンリーグ≫ にしもと おさむ
≪ダブルプレー≫ にしもと おさむ

写真 1 (3)
(左から)
≪BASEBALL 1936 WORLD SERIES≫ 根本 孝
≪BASEBALL 1957 WORLD SERIES≫ 根本 孝

写真 4 (2)
(左から)
≪筒香 嘉智≫ 小堀 貴史
≪畠山 和洋≫ 小堀 貴史
≪前田 健太≫ 小堀 貴史
≪The Wrigley Field-Chicago≫ 早乙女 道春

写真 3 (2)
(左から)
≪吉澤野球博物館オリジナルはがき≫ 竹久 夢二
≪Yogi Bids Farewell≫ Gregg Hinlicky
≪ジェピ(つばめ) swallows≫ mana*

NHK
島本さん取材中♪

集合写真
皆さんと♪

鍋
鍋コンテストの審査員をしました♪

yamada
山田久志サブマリン球場

Noshiro City Basket Road Festival


Host: Noshiro City Basketball Library & Museum
Co-Host: Noshiro City Basketball Museum
Sponsor: Noshiro City
Date: March 21st – 22nd, 2015
Venue:
1. Noshiro City Basketball Museum
2. “Kaneyu,” a formerly Japanese restaurant
3. Basketball Road
Events:
1. Sports Art Exhibition
2. Basketball Short Movie Contest
3. Basketball Calligraphy Exhibition
4. Basketball Poem Exhibition

Sports Art Exhibition
Overview
This time, we can have an opportunity to cooperate on the “Noshiro City Basketball Festival,” which will be held in Noshiro City, Japan.
Around 40 artworks, drawings of basketball, baseball, tennis, etc. will be exhibited at the Japanese style room, “Kaneyu,” a formerly Japanese restaurant. Kaneyu was built 78 years ago and registered as a tangible cultural asset.
In the Noshiro City Basketball Festival, five events that amuse people with Basketball culture will be held at the three venues above.
Because there are not many cities that sports culture is embedded in, it's a great pleasure to participate in this event.

Date: March 21st – 27th, 2015
Venue: “Kaneyu”, a formerly Japanese restaurant
13-8 Yanagi-cho, Noshiro-shi, Akita, Japan

Artists:
Koya Okada
Takashi Ozawa
Michiharu Saotome
Yasutaka Taga
Shunji Tatsumura
Hidetaka Tamei
Osamu Nishimoto (a first-time participant)
Takashi Nemoto
“MASAKURA”
Mitsuji Matsuda
Yohei Maruguchi
Nobuo Yahagi
Hiroyuki Watanabe (a first-time participant)
Personal Collection: Yosuke Amamoto

Organizer: Nao Kudo